概要

EVO5EVO5は、多くのレースシリーズにおいてデファクトスタンダードとして採用されている伝統的なデータロガーの、新世代モデルです。

アルミニウム製の筐体はコンパクトで、様々な車両に簡単に取り付けることができます。新しいRace Studio 3ソフトウェアを用いて、設定もシンプルに、そして素早く行うことができます。

大きな進化

EVO5の機能は大きく進化しました。

モータスポーツコネクタ

ASコネクタ

最高品質の2つのモータースポーツコネクタを採用し、シンプルで判りやすい接続を実現しました。37ピンコネクタは使用する際にメインとなる電源・ECT CANポート・AiM用拡張CANポートなどに使用され、22ピンコネクタは、CAN2ポートやデジタル出力などの追加機能に割り当てられています。



SDカードスロット

SDカードスロット

SDカードスロットを搭載し、必要なデータをすべてSDカードに記録できるようになりました。カードは防水ドアで物理的に保護される他、搭載されたセンサにより、ドアが開かれるとすべてのファイルをクローズしてデータロスを防ぎます。

データのダウンロードはあっという間です。SDカードを抜き取るだけで終了です!!。もちろん通信接続用のUSBポートも搭載されています。

CAN2ポート

ABSモジュール

追加のCANポートが追加されました。ECU以外に車両に装備されている、例えばABSモジュールやCANセンサなどからのデータを記録することができます。

様々なデータ入力

EVO5には、ECUからのシリアルデータ、Gやジャイロなどの内臓センサ、キットに含まれるGPSモジュール、そしてもちろんアナログ・デジタルチャンネルなど、様々な方法でデータを入力できます。

さらに、拡張モジュールの追加により、入力データは増やすことも可能です。使用できるセンサ入力はアナログが8チャンネル、そしてRPMと4つの速度です。

700以上のECUに接続可能

シリアル接続

EVO5にはECUとのシリアル接続用としてCAN・RS232・K-Lineの各ポートが装備されており、対応する700以上のECUから様々なデータを取得することができます。対応しているECUはレース用のものばかりでなく、多くの市販車も含まれます。

デジタル出力

EVO5には12V1Aのデジタル出力チャンネルも装備されています。

計測している数値を条件として、出力を制御できます。

CAN出力

ECU等との接続に用いるCANバス(2系統どちらでも)に、EVO5からのデータを出力させることができます。

GPSモジュール

Race Studio 3 GPSデータ設定画面

EVO5のキットに含まれるGPSモジュールをCANバスで接続すると、ラップタイム計測や位置情報の取得が簡単に行えます。EVO5には世界中の200以上のサーキットの計測地点座標データが含まれており、EVO5の電源を入れるだけでラップタイムの計測が始まります。

サーキットの計測地点座標データがなくても、Race Studio 3ソフトウェアを使用してPCから追加することができます。

センサ

コネクタピン配置

様々なセンサをEVO5に接続できます。

8チャンネルのアナログ入力は、12ビットの解像度を持ち、0-5V・0-500mV・0-50mVの出力を持つセンサや熱電対を接続できます。温度・圧力・変位など、様々なセンサを使用することが可能です。

4チャンネルの速度入力には、異なる速度センサを接続でき、各車輪ごとの挙動を監視できます。

1チャンネルのRPM入力には、ECUが出力する矩形波信号かコイル一次側の低電圧のパルス信号を接続できます。

このほか内臓慣性センサにより、3軸の加速度及びヨーレートが計測できるため、車両の挙動解析に役立てることができます。

WiFi接続

WiFi

EVO5はWiFi接続が可能です。ワイヤレスで各種設定やデータダウンロードが行えます。

ニーズに合わせてシステムを拡張

EVO5の拡張用CANバスに様々な拡張モジュールを接続することにより、取得するデータを増やしたり、機能をアップさせることができます。

チャンネル拡張

チャンネル拡張

0-5Vのアナログ入力(圧力・温度・変位などのセンサを接続可能)を4チャンネル増やすことができるモジュールです。

このうちの2チャンネルは設定を変更することで、車輪速センサなどのデジタル入力にすることもできます。

LCU-ONE

LCU-ONE 空燃比モジュール

Bosch LSU 4.9(ワイドバンドラムダ)センサを利用した空燃比計測モジュールです。ECUのマップ設定やキャブのジェット出しに必須のモジュールです。

空燃比のほか、排気温度も計測できます。

SmartyCAM

SmartyCAM HD カメラ

EVO5で計測しているデータをオーバーレイ表示しながら録画できる、オンボードビデオカメラです。

PCでのデータ解析

Race Studio 解析画面

記録されたデータはRace Studio ソフトウェアでPCにダウンロードし、解析することができます。

仕様

外形寸法図

製品仕様

  • ECU接続用シリアルポート
    • 500以上の対応ECUから様々なデータを取得可能
    • CAN☓2、RS232C、K-Line
  • その他のインターフェース
    • PC接続用USBポート
    • 拡張モジュール接続用CANポート(GPS、チャンネル拡張、LCU-ONE、SmartyCAMなど)
  • アナログ入力
    • 様々な設定が可能な8チャンネル
    • 各チャンネルごとに最大サンプリングレート1000Hz
  • デジタル入力  
    • 速度センサ入力☓4
    • ラップ信号☓1
    • RPM信号☓1
  • デジタル出力
    • 2チャンネル(最大電流1A)
  • SDカードスロット
    • 内臓
    • 最大 128Gバイトまで対応
  • 内蔵センサ
    • 3軸G ±5G
    • 3軸ジャイロ
  • 内蔵メモリ
    • 4GB
  • その他の仕様
    • 寸法:114.4×47.2×58.8mm
    • 重量:300g
    • 筐体材質:表面処理済アルミニウム
    • 防水性能:IP65準拠
    • オートスポーツコネクタ☓2
  • WiFi接続

付属品

付属品

EVO5本体 / SDカード / 37ピンハーネス / GPSモジュール / USBケーブル

拡張モジュールの接続例

接続例

型番一覧表

品番
GPSケーブル長 1.3m 4m
EVO5 E500-0013 E500-0040

オプションパーツ型番一覧表

  品番
22ピンハーネス MHRN-E522
37ピンハーネス(本体に付属します) MHRN-E537

FAQ

日本国内でもWiFiは使えるのですか?

当社で販売する製品は総務省の技術基準適合証明を取得したWiFiモジュールを利用しているため、日本国内でも使用できます。当社を通じて販売されていない並行輸入製品は、日本国内でWiFi機能を使用すると電波法違反となる場合がありますので、ご注意ください。

磁気式ラップセンサに対応していますか?

対応していません。赤外線式ラップセンサを利用するか、GPSラップタイマー機能をご利用下さい。

ディスプレイは接続できますか?

新世代ロガー用のディスプレイを接続可能です。

EVO4以前のディスプレイを接続することはできません。