概要

MYCHRON拡張は、MYCHRON5の機能を拡張するためのモジュールです。このモジュールには4つの入力チャンネルと1つのCAN拡張ポートが装備されています。また、外部12Vバッテリーに接続するためのケーブルも装備されています。

このコンパクトなモジュールを使用することで、MYCHRON5が利用しているチャンネルを専有したり変更すること無く、4つの入力チャンネルを追加することが出来ます。追加するチャンネルは、アナログ4チャンネルか、速度1チャンネル+アナログ3チャンネルで、設定により簡単に変更できます。

MYCHRON拡張は、レーシングカートで高度な解析を行う際には、必須のモジュールです。

簡単接続

先進のCANバス接続により、MYCHRON5との接続は1本のケーブルだけです。このため、余計なトラブルの要因を減らすことが出来ます。

また、延長用のCANポートがあるため、LCU-ONESmartyCAMなどは、ここに接続できます。

さらに複数のモジュールを接続する際にはデータハブをお使いください。

接続可能なセンサ

MYCHRON拡張の4つの入力チャンネルに接続可能なセンサは、下記の通りです。これらのセンサであれば、MYCHRON5で簡単な設定を行うだけで、利用可能です。

  • 排気パワーバルブセンサ:排気パワーバルブの作動状況を確認できます。バルブが作動している正確なエンジン回転数を把握するためには非常に重要なセンサです。
  • スピードセンサ:ホイールスピードを計測するセンサです。入力できるのはCH1のみです。
  • 非接触ペダルポジションセンサ:スロットルやブレーキのペダル操作状況を確認できます。
  • ブレーキ圧センサ:ブレーキ圧を計測できます。ペダルポジションよりも正確な情報を得ることが出来ます。
  • 温度センサ:水温や油温を計測できます。Pt100センサのみ使用可能です(熱電対は使用できません)。
  • ステアリングポジションセンサ:ステアリング舵角を計測できます。

仕様

技術仕様

  • サンプリングレート
    • チャンネル毎に各10Hz
  • その他の仕様
    • 寸法:127×24x33mm
    • 重量:194g
  • 付属品
    • Pt100温度センサ接続用ケーブル x 1

FAQ

LCU-ONEなどの他の拡張モジュールを仕様する際に、MYCHRON拡張は必要ですか?

いいえ。拡張モジュール類はそれぞれ独立しており、個別に接続できます。

データハブは必要ですか?

MYCHRON5に他のCAN拡張モジュールが接続されていなければ、不要です(MYCHRON5のEXPポートにそのまま接続できます)。

外部12Vバッテリには必ず接続する必要がありますか?

なくても利用できますが、リチウムバッテリーの消耗が激しくなるので12Vバッテリの使用を推奨します。

使用できる温度センサについて教えて下さい。

接続できるのはPt100タイプのセンサとタイヤ温度センサです。ケーブルが黄色い熱電対センサは使用できません。熱電対センサはMYCHRON5に接続して下さい。

Pt100タイプのセンサは、MYCHRON5本体に接続するものと共通です。ただし、コネクタのピン数が異なり、MYCHRON拡張に接続する際には専用のケーブルが必要です。MYCHRON拡張のセットにはこのケーブルが1本付属します。